お子さまの脱毛、肌トラブルはドクターにご相談ください。

医療レーザー脱毛専門のあやべビューティークリニック福岡

教えて!綾部院長
脱毛の気になる悩みはドクターに相談を!

子ども脱毛肌への影響について|お子様の脱毛、肌トラブルはドクターにご相談下さい。

子どもが毛深いことを悩んでいます。
小学生でも脱毛して大丈夫でしょうか?

脱毛することは可能ですが、いくつか注意が必要です。

小中学生の子どもの脱毛についての相談は、実際とても多く「毛深いことを学校の友達にからかわれ、スカートが履けなくなってしまったが、脱毛したのでチアリーダのクラブに入ることが出来きた」と、お子さんとお母さんに感謝されたこともあります。
「アトピー性皮膚炎で処理の仕方がわからない」など、様々なケースでのご相談をいただきます。

子どもが脱毛をするにあたっていくつかの注意点はあるのですが、脱毛をすることは可能ですのでご安心ください。

実際、当院のスタッフの子どもも、小学6年生の頃から少しずつレーザーを照射して脱毛治療を進めました。
成長期の子どもの脱毛ですので、肌状態をそのつど確認しながら、治療のプログラム(本治療前のテスト照射による安全確認)にも注意を払って進めていきます。
もちろん、無理のない範囲で行うので、脱毛治療を受ける子どもにとって精神的な負担にならないようにサポート体制も整えています。
気になることがあればなんでも相談くださいね。

小学生の娘は、毛深いことが原因でからかわれて
以来カミソリで処理をしています。
肌への負担を考えると脱毛した方がよいのでしょうか?

カミソリ負けして皮膚トラブルを起こすケースも多いので、おすすめはしません。

子どものお肌は大人に比べると柔らかく、受けるダメージも大きく、皮膚や毛穴の炎症を起こしてしまう可能性があるので、カミソリでの処理はあまりおすすめはしません。
実際、カミソリ負けをして皮膚トラブルを引き起こすケースも多く、自己処理が肌トラブルの引き金になることもあるんですよ。
なので、今後の肌への負担を考えると、医療レーザー脱毛をすることも視野にいれても良いかと思います。

毛深いことに悩んでいる、そんな子どもたちも多くいることでしょう。医療機関だからこその医師による診察、個人にあわせた脱毛治療の進め方、そして治療後のケアに至るまで、脱毛治療を受けることができます。安心・安全な環境で、お子さまのお肌を守っていけたらと思っています。

子どもの脱毛に注意が必要な理由

毛の生え変わり周期が安定していない
毛には「毛周期」と呼ばれる生え変わりのサイクルがあり、脱毛は毛が生え変わる周期に合わせて行います。
周期が安定するまでは、脱毛しても効果が出づらいことがあります。
毛が生え変わる周期
特に成長期の場合は、次に生えてくる新毛が皮膚の下に控えており、ムダ毛を抜いてもすぐに生えてきます。
上図の退行期に入ると、毛は自然と抜け落ちていきます。眉毛の場合は3~4ヶ月で生え変わり、頭髪の場合は3~4年間で退行期に入ります。
子どもの肌は柔らかく傷つきやすい
子どもの皮膚は大人に比べて柔らかくデリケートです。
カミソリを使用したときにカミソリ負けを起こしてしまうということもよくあります。
免疫機能も発達していないので、外部からの刺激に弱く感染を起こしてしまうことになりかねません。
剃ったあとの肌は傷んでいるので、潤いを与えてしっかりと保湿をしてあげてください。
プールや運動会などでの日焼けに注意
医療レーザー脱毛は黒いものに反応するため、日焼けは要注意です。
プールなど体育の授業があるお子さんには難しいかもしれませんが、
日焼けは避けるようにしましょう。

プールの授業が始まる直前にお問い合わせいただくことが多いですが、
子どもの脱毛は事前にご相談ください。

子どもが脱毛する場合、注意しなければ
ならないことはありますか?

脱毛には「日焼け」が天敵なので、遠足やプールの時期は特に注意が必要です。

お子さまの場合は、まず脱毛に関する注意点に“痛み”の問題があります。レーザーを使用するということは熱を肌に与えるため、ある程度の痛みを感じるかと思います。痛みを感じる感覚にも個人差がありますから、まずは一度テストをしてみて、実際に脱毛治療を進められるかを確認してからの方がよいかもしれません。そして特に気をつけていただきたいことは、「日焼け」です。お子さまの場合、学校の行事やプールで日焼けをする機会も多いですよね。医療レーザー脱毛の光は、黒いものに反応するため、黒く日焼けをした肌にレーザー照射するとやけどをしてしまう可能性があるんです。
医療レーザー脱毛をお考えであれば、日焼け止めをしっかり塗ること、もしくは日焼けをする時期は治療を避けるなどの対処が大切になってきます。

幼児のころから脱毛していた方が
よかったのでしょうか?

幼少期の脱毛はおすすめしません。もう少し成長を待ってみましょう。

幼児のふわふわとした柔らかい産毛でも、量が多いと確かに毛深く感じてしまいますよね。
しかし、お肌への影響や成長過程であるという点を考慮すると、幼少期の子どもにレーザー照射するという治療は、適していないと思っているんです。というのも、脱毛をする場合は、毛の細胞が生え変わる周期に合わせて行うのですが、毛の周期が安定していない小さな子どもだと脱毛効果が出にくいのが事実。さらに、大人と違って子どもの場合は今から成長する毛が埋没されている可能性も高いんです。完全になくしたと思っていた毛が、また生えてくるということもあります。そして、特に幼児ともなると、お肌も柔らかいので、敏感に痛みも感じやすい肌状態です。医師としては、もう少し成長してからの脱毛をおすすめさせてもらっています。

あやべビューティークリニック福岡院長 綾部 誠
綾部 誠院長の写真
当院は、医療レーザー脱毛専門クリニックとして年間症例数は7000件以上と九州トップクラスです。
数多い症例数を経験し得られたデータを今後の脱毛医療につなげる大切な財産として日々努力しております。

Page Top

© 2017 医療レーザー脱毛専門のあやべビューティークリニック福岡. All Rights Reserved.  last-up-data.2017.06.02