小中学生の子供脱毛のことなら安心安全の病院での脱毛|あやべビューティークリニック福岡

医療レーザー脱毛専門のあやべビューティークリニック福岡

小中学生の子供脱毛

子供の脱毛について

子供の永久脱毛イメージ

子供の脱毛のご相談は意外とを多いんです

当院には子供脱毛の相談も多く、特に小学の高学年から中学生の子供のいるお母様からのご相談を多く頂きます。
子供に脱毛させてあげたいという理由は様々ですが、「6年生になって急に毛深くなって毎日カミソリで処理している」「お友達からから毛深い事を指摘されたり、サルと言われ傷ついている」「自分でカミソリ処理をする為、カミソリ負けで皮膚が傷つき皮膚トラブルがひどい」「アトピー性皮膚炎で毛深いけど処理が出来ない」など深刻なケースも
あります。

子供脱毛の注意事項

最近は、全く毛が生えていない幼少期の女の子にも脱毛を促すようなエステサロンの広告をよく見かけます。「小さな子にも照射しても大丈夫」というサロンのアピールと安全性を強調しただけなのですが、幼少期に脱毛したほうが良いというような誤解を受ける広告になっています。
幼少期の女の子にレーザー照射しても全く意味がありません。必要な治療なのか不必要な治療なのか親がしっかりと見極めて判断することが必要です。

レーザー照射の痛み

しかし、子供の場合、成長期であること以外にもを大人と比べて注意しなければならないことがあります。
まず一つに痛みの問題です。レーザーを照射すると言う事は熱を与えるため、ある程度痛みがあります。
レーザーを照射する痛みに耐えることが出来るのかは個人差があるので一度テスト照射をしてみて、痛みが我慢できるのか確認してから脱毛治療を始めてもよろしいかも知れません。

日焼け

次に日焼けの問題です。レーザーは黒いものに反応する為、肌が黒く焼けてしまうとヤケドのトラブルを避けるためレーザー治療を行う事は出来ません。
小学生や中学生は学校でのプールや体育などで日焼けする機会も多いため、日焼け止めをしっかりと行っても黒くなってしまうので注意が必要です。

再発の可能性

大人と違って子供の脱毛の場合、再発の問題があります。
小学生、中学生の子供は成長期である為、今から成長する毛が埋没されている可能性もあります。
1年間脱毛治療を行い、完全に毛を無くしたとしてもまた生えてくる可能性があるという事を十分ご理解いただいた上で子供の脱毛治療を行う必要があります。

最近は、全く毛が生えていない幼少期の女の子にも脱毛を促すようなエステサロンの広告をよく見かけます。「小さな子にも照射しても大丈夫」というサロンのアピールと安全性を強調しただけなのですが、幼少期に脱毛したほうが良いというような誤解を受ける広告になっています。
幼少期の女の子にレーザー照射しても全く意味がありません。必要な治療なのか不必要な治療なのか親がしっかりと見極めて判断することが必要です。

当院スタッフの子供も脱毛治療中されました

小学6年生の頃から無理なく少しずつレーザーを照射しています。日焼けの時期は治療をストップし、肌状態を確認しながら治療を行っている為、一度も皮膚トラブルを起こしたことがありません。
通常は毛周期に合わせてレーザー照射するのですが、子供の場合、日焼けなどの影響からどうしても毛周期に合わせた治療を行う事が出来ません。
しかし、無理のない範囲で脱毛治療を行うので、子供にとって精神的にも負担なく治療が受けられます。

子供の脱毛 よくあるご質問

子供の脱毛で気をつけることはありますか?
子供の脱毛をする事で、特に気を付けて頂きたいことは、日焼けになります。
医療レーザー脱毛の光は黒いものに反応する為、肌が黒く焼けてしまうとヤケドのトラブルを避けるためレーザー治療を行う事は出来ません。
学校でのプールや体育などで日焼けする機会も多いため、日焼け止めをしっかりと塗る事が重要になってきます。

お客様から寄せられるよくあるご質問を見る

© 2017 医療レーザー脱毛専門のあやべビューティークリニック福岡. All Rights Reserved.  last-up-data.2017.06.02